2024-05-27

旅(Viaggio)2023・ シチリア/シラクーサ(Siracusa, Sicilia)




<Siracusa, Sicilia 2023>










2023年5〜6月のシチリアの旅。 
昨年訪れた時と同じこの季節に、その時の旅の写真をアップします。 



ノートのインフィオラータを満喫後、列車にて懐かしいシラクーサへ。

古代ギリシャからの歴史を持つこの街は、十数年前に訪れた時と、全く変わらない佇まい。
アパルトメントに羽を休め、気の向くままに散策しました。


シラクーサは、古代ギリシャ植民地の面影の残る美しい町。海沿いの遊歩道の佇まいは、旅愁を誘います。

シチリアで一番美しいと言われるドゥオモ広場は、映画「マレーナ」の舞台ともなりました。私が訪れた中でも屈指の、美しい広場。

ここではただ時間に身を任せ、ゆったりと漂っていたい。映画の美しい映像に想いを馳せ、心持ち優雅な気分で。



こちらのブログの更新は久々です。

今後は、旅の写真は出来るだけ(FBとこちらを併用して)頻繁にアップするつもりです。
よろしければ覗いてみて下さい。




































































































































































































































































2024-03-28

旅(Viaggio)・シチリア / ノートのインフィオラータ 2023(Infiorata di Noto 2023)



<ノートのインフィオラータ Infiorata di Noto>







ノートは南東シチリアのバロックの街。

世界遺産に登録されている「ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々」の8つの街のひとつです。
ノート、ラグーサ、カターニア、カルタジローネ、ミリテッロ・イン・ヴァル・ディ・カターニア、モディカ、
パラッツォーロ・アクレイデ、シクリ。
8つ全てを訪れるのは長年の憧れ。2016年にミリテッロを訪問してついに達成!


ノートは春に行われるインフィオラータ(花祭り)でも有名です。それを聞いたのは、訪れた数年後のこと。
そこで初めて、私は「インフィオラータ」という行事を知ったのでした。

それ以来、日本でインフィオラータに携わりながら、ノートの魅惑的な花の絨毯をいつの日かこの目で観たいと、
ずっと思い続けて来ました。

そして昨年2023年、その夢を実現させる為にとうとう祭りの時期に訪問。




日本からカターニア、ラグーザ経由辿り着いたノートは、花で溢れていました。

この年のテーマは“NOTO e Cinema”。イタリア映画を題材とした花絵の絨毯がバロックのニコラチ通りに並びます。

年に一度のこのお祭りでは、700㎡の花のカーペットが出現し、石畳に丁寧に彩りどりの敷き詰められます。
お祭りの4日間は、コンサートやパフォーマンス等たくさんのイベントが行われ、町中が華やいだ雰囲気に。

5月後半だというのにまだ寒い日々。シチリアの青空とインフィオラータのコントラストを観る事は出来ませんでしたが。
街の中心の静かなB&Bでのんびりと羽を休めつつ、会場へと行ったり来たり。

数年前のインフィオラータ@東京で出会ったノートのInfiorataアーティスト、Valentina や Carmen とも再開!
イベントで忙しいところを色々と案内していただいて、花祭りを満喫出来ました✨
(感謝感激です✨本当にありがとうございました!)




そうやって、ノートでの2日間はあっという間に過ぎて行きました。
この風景を必ず描こうと心に決め、いつの日か再訪を祈りつつ。次の街Siracusaへ。

その想いを胸に、帰国後に上の写真をモチーフに作品を制作。4月の個展の案内状となった作品です。
インフィオラータという絵画を絵に描くという興味深い作業。これからも描き続けて行きたいと思っています。









<インフィオラータとは>

インフィオラータは、キリストの復活祭から60日後の最初の木曜日に行われる「聖体祭」を記念して行われるイベントです。
この日の前後は、市民が教会までの道のりを花や種等で宗教画を描き、その上を司教達が行進してお祝いをします。
「神に捧げる芸術」とも呼ばれ、イタリアやスペインを中心に世界各国で盛大に行われています。
起源は13世紀、通りを行く司教達を市民が花のシャワーで祝ったことが始まりと言われています。
約400年前、サンピエトロ寺院で花絵と進化、それが芸術へと昇華し、世界中の花絵師達が腕を競い合っています。

インフィオラータの特徴は、花絵はすべて市民の手で創られることです。
そして数時間、数日後には司教達の行進により崩されてしまいます。そのためエフェメラル・アート=儚い命のアートとも呼ばれ、
その瞬間の美しさを求め多くの観光客が訪れます。

2006年にはインフィオラータの国際連盟も設立され、2年に1度世界大会が開催されるなど、宗教行事としてだけでなく、
アートとしての側面も注目されています。

日本でも2001年から約23年間、市民アートイベントとしてインフィオラータが各地で開催されています。
これまでに多くの場所で作品を作り上げて来ています。
















































































































































































































 

2024-03-18

作品(WORKS) & グルメ情報(INFORMATION) /リストランテすずらん “RISTORANTE SUZURAN” 

 


<リストランテすずらん>









蔵前に先週新しくオープンした友人のイタリアン「リストランテすずらん」へ絵をお届けしました!


イタリアや東京で経験を積んだシェフのお店です。

何度かお料理を味わう機会があり。
その美味しさと心のこもったお料理に、お店を出すのをずっと心待ちにしていました✨
長年の夢が叶って、ようやくオープン!本当におめでとう✨

今はまだランチ営業のみ、フルオープンに向けて着々と準備を進めています。




始まったばかりのピカピカのお店✨これからが楽しみ😋
その素晴らしい未来に、私の絵が彩りを添える事が出来れば嬉しいです。

店を出す時にはぜひ私の絵を飾りたいと、何年もの間ずっと言い続けてくれたシェフ。

その手元についに絵を届ける事が出来て感無量、本当に幸せ。センチメンタルMAX!!
(お店にはなんと、私の絵用のスペースも用意されていました✨)

絵を描いていて良かった、もっと描きたいと、心から思う瞬間です。



ちなみに、店名の由来は、彼のご実家の美容室からとの事。
生まれた時から美容室「すずらん」で育ったシェフが、原点に戻る意味を込めて名付けたそうです。
ちょっと意外なクラシックな店名とその由来にも、じわっと感動。

蔵前はずっと気になっていた町でもあり。これから頻繁に通いそう。宜しければ足を運んでみて下さいね😉


「リストランテすずらん」東京都台東区寿4−3−4

https://www.instagram.com/ristorante.suzuran/




















































































2024-03-13

徒然なるまま、音楽を聴きながら描くことについて。(制作過程)




<制作過程>









4月の個展の準備を進めています。作品は出来ているけれど、雑事が山積み!
事務的な仕事を早く済ませて、また次の発表に向けて早く描きたい。

今日は大雨の中、友達のレストランに絵の納品の打ち合わせへ。
長年の夢が叶っていよいよオープンです!本当におめでとう!

ワインをご馳走になり、すっかり良い気分で、帰宅してまたキャンバスに向かいます。
勢いで新作を2枚始めました。今夜は筆使いがメイン。

バックミュージックは、The Notes of Museum のアルバム ”Change the Colors”。
色彩に溢れた音楽は制作にピッタリ。

音楽を聴きながらキャンバスに向かっている時が、一番心が落ち着きます。

楽しくても寂しくても落ち込んでいても、どんな時でも。大変だけど一番楽しい。

やっぱり私は、絵を描く事が好きなんだろうな。と、しみじみ感じる夜✨