2020-11-27

旅(Voyage)・ モロッコ(Maroc)Ⅻ / エルジャディーダⅡ(El Jadida Ⅱ)



<エル・ジャディーダ そのⅡ>













モロッコの旅で、技術的に困ったのは、「町の詳しい地図が手に入らない」事と、ヨーロッパに比べて
「通りの表記が少ない」事。

ホテルやリアドでもらえる地図はどれも、簡単なもののみ。日本のガイドブックだけが頼りでしたが、
細かい路地名など書いてないし。(そもそも路地に名前があるのか?)

フランスやイタリアなら、壁にプレート貼ってあるんですけどね。日本なら電柱とかに住所表記とか。

「あまりむやみに道を聞いてはいけない」?というモロッコ旅の鉄則があるようで(観光地だとお金をとられる
とか騙されるとか女性には物騒とか)。次回は心して、まず地図の入手方法を調べないと。 

マラケシュは迷路だし、エルジャディーダやカサブランカのようにあまり観光化されていないところも大変でした。

観光局なんてないか、閉まっているし。ただでさえ迷路的なのに、どこを歩いているのかわからなくなります。





















モロッコ旅のお楽しみは「リアド」への宿泊でもあります。

(邸宅を改装した隠れ家プチホテル。外界に向けては簡単な扉一つのみですが、一歩入ると外からは想像も
つかない別世界、秘密の園。) 

今回の旅では、宿に長時間ステイするだろうなーと、居心地良さそうなところを予約して行きました。
どこも素敵なのですが、、、リアドは場所が分かりにくいのが難点。とにかく外から見つけにくいのです。

エル・ジャディーダでは、感じ良さげで素敵なリアド、路地の奥に佇む”Soleil d’Orient”を選び、大正解だった
のですが。 

見どころの「ポルトガル貯水槽」まで歩いて5分かからないと確認し、街に出たところ、方角が全くわからない。
みんな遠巻きにジロジロみてるし。。

貯水槽は海沿いなので何とか行きつけるだろうけど、帰りはリアドに戻れないかも?マズイ、再確認しようと
数分で引き返したけれど、リアドの場所がもう不明。

さすがに怖くなり、必死で探す事20分以上。何とか発見。

再出発する時は、一番シンプルな道を詳細に聞き、数メートル歩く毎に建物を写真に収めて行きました。
(まるでヘンゼルとグレーテル?)

観光化されてないから、誰も話しかけて来ないけれど妙に視線を感じる。そんな雰囲気にも少しずつ慣れて、
黙々と写真を撮り続けました(景色や建物と食べ物、そしてネコ)。 

そうやって、いよいよ、旅の最後はカサブランカへ。







































































































































2020-11-13

旅(Voyage)・ モロッコ(Maroc)Ⅺ / エルジャディーダⅠ(El Jadida Ⅰ)




<エル・ジャディーダ(アル・ジャディーダ)El Jadida>














エル・ジャディーダ。モロッコに最後に残ったポルトガル要塞のある町。カサブランカの西、列車やバスで
1時間程度の海沿いの町です。

16~18世紀にポルトガル支配下にあったこの町にはポルトガル風の建物も多く、塁壁に囲まれたこじんまりと
した旧市街には昔の建物が残っています。ポルトガル貯水槽や教会、そして稜堡。世界遺産にも登録されています。

現代では、白い建物とヤシの並木の続くビーチ・リゾート、ヨーロッパの人々に人気があるそうです。
私が訪れた1月は、観光客はほとんど見かけず、地元の人々が長閑に暮らしていました。


まずはポルトガル貯水槽へ。

小さな扉を入ると、地下に広々としたゴシック建築の空間が広がります。アーチの柱が美しい。
少しだけ差し込む光が幻想的な効果を与えています。見学者も数人、そして管理人の猫。とても静か。 






















その後は、こじんまりとした旧市街や城壁の上を散策したり、観光客の全くいない市場をうろうろしたり。 


普段着のモロッコ。同じ海辺のリゾートでもエッサウィラとは全く違う、何というか筋金入りっぽいアラブな
雰囲気なのは、シーズンオフだったからでしょうか? 
































































































































宿はリアド「Soleil d’Orient」ソレイユ・ドリエント。想像通り、優雅で雰囲気あるリアドでした。夕食も期待通り!

貯水槽・スークには近かったけれど、中心地からは少し外れていたのもあり。あまり外をうろつかず、
リアド・ライフを楽しみました。 慣れないモロッコ一人旅は、やはりリラックスを求めがち。
気を張っているせいかな(笑)

そうしていよいよカサブランカへ。この旅最後の目的地。気を引き締めなければ。

























































2020-10-30

お知らせ Information


<お知らせ>











すっかり秋になりました。
新しい毎日にも少しずつ慣れ、小さな楽しみ、幸せを見つける事も覚えました。

秋晴れの日には、空が青くて高い。淡いVIOLETブルーかな。うーん、薄紫とウルトラマリンを混ぜて、
薄く溶いた水彩絵の具の色?


ブログではいつも、こんな感じで自分の気持ちを綴っています。

このブログを最初に始めたのは2012年、ラルチザン・パフュームとのコラボを始めた時でした。
アーティストとして、まずは発信する事が目的。絵、写真、そして私の旅について。



ここでひとつ、ご報告です。 

今までの数年は、週に一回、金曜の夜にアップする事にしていましたが、今後は、当面は定期投稿は2週間に
一度とする予定です。タイミングは引き続き、金曜の夜に。

ここで一段落して、少しずつ形を整えて行くつもりです。内容をより充実させ、読み易くしたいと思います。 

旅の記事では、大好きな場所をもっと伝えられるように。今までの旅の記録をフィルム写真と共に綴る事は、
長年の夢です。 


BLOGへの新規投稿時には、自身のFBページ「Atsuko K.色彩の旅 "Les Voyages des Couleurs"」 
https://www.facebook.com/atsukokart にてもご案内しますので、FBユーザーの方は宜しければ「いいね」登録
をお願いします。

展示ご案内その他も、不定期でアップして行きます。展示情報は右部の「Exposition 展示情報」コーナーに
記載します。


こうやって、新しい日常に向けて始動して行きますので、今後ともお付き合いいただければ幸いです(^-^)


どうしたらより良いものが出来るのだろう?などと考えながら。自分も含めて皆が、少しずつでも幸せな
気分になれる事を見つけて行きたいなぁ。と。

そうこうしているうちにきっと、季節は冬に向かうのでしょう。今回は、秋の神楽坂の写真と共に。






























2020-10-23

旅(Voyage)・ モロッコ(Maroc)Ⅹ / マラケシュ情報(Marrakesh/Information)


<マラケシュ情報>













モロッコの旅・マラケシュ編。情報も少しだけアップします。



【レストラン】 

ホテルの近くの「アン・デジュネ・ア・マラケシュUn Déjeuner à Marrakesh」 

Moderne Maroccan Cuisine現代モロッコ料理

フランス人オーナーのリアド “Riad Signature”のおススメのお店。オードブル盛り合わせはスパイスのきいた
ラタトゥイユ的。ワインもちゃんとあります。

https://www.undejeuneramarrakech.com/

基本的には、食事はリアドでいただいていたので、ちゃんとしたレストランに行ったのはここだけ。


















【ショッピング】 

モロッコと言えば、雑貨のお買い物。バブーシュ(スリッパ)や陶器・ガラス、布。それとアルガンオイル。
スークは興味深いもの達で溢れ、点在するセレクトショップには、なかなかチャーミングなお土産もいっぱい。
大物(革のクッションとか家具、絨毯)は買えないけれど、見るのも楽しいです。

*バブーシュ(モロッコ伝統の革の履物。室内用・屋外用があります。踵を折って履きます。)

お約束のバブーシュは、スークの端っこにある「Maison de Baboucheメゾン・ド・バブーシュ」で大人買い。


日本のガイドブックに掲載の店、品揃えが多く、ある程度は信頼出来そうかな?と。

日本人オーナーのセレクトショップ「ミチAtelier + Michi」も素敵でした。こちらもスークの中。




<スークにて>









<スークの中のバブーシュ屋さん>







<メゾンドバブーシュにて>








<メゾンドバブーシュ>






*セレクトショップ

「33 Rue Majorelle」  
マジョレル庭園の向かいにある、洗練のセレクトショップ。
お洒落なモロッコが見つかります。モロッコの物価を考えると、ヨーロッパ向けかなー?という高めの価格帯でしたが。

新市街ゲリーズGuelizのRue de la Liberteには、楽しいセレクトショップが並びます。
「Côté Sudコテ・シュード」や 「Maison Rouge メゾン・ルージュ」、「Orientalist オリエンタリスト」
GuelizにはMACMA美術館(Musee D’art et de culture de Marrakech)もあります。
モロッコの伝統民族・ベルベル人、特に女性の写真が多く展示されていて、興味深い展示でした。 




























【宿泊】

モロッコと言えば、宿泊はやっぱりリアドで。
リアドは邸宅を改装したプチホテル。モロッコでは近年ブームで、フランス人やイタリア人が経営する
リアドも多く、こだわりの内装も魅力です。クラシック、モダン・アラビック、ベルベル様式ETCと、


目くるめく世界。
中庭を囲むように部屋が配置されていて、趣向を凝らしたインテリアの中で食事が楽しめます。

外界に向けては簡単な扉一つのみで、一歩入ると外からは想像もつかない別世界、秘密の園。

マラケシュのリアドは星の数ほどあると言われる中で、ガイドブックとWEBで探しました。
年末年始だったので、超人気リアドは半年前でも満室だったり長期でないと受け付けてもらえなかったり。
その中で、何とか2件をキープ。

前半3泊は Riad Signatureリアド・シグナチャー。メディナの中、フナ広場にもBahia宮殿にもアクセス良し。
すっきりとして洗練された隠れ家です。フランス人オーナーのフランソワにアドバイス等々をもらって町へ。
フランス的?な視点のアドバイスは、欧州旅行に慣れている私には、分かり易く役立ちました。夕食とグレー
ワインVin Grisも美味。

リアドのネコとカメレオンの「レオン」とも遭遇。



































<カメレオンのレオン>

私が「名前は?」と尋ねたら、その場で名前がつけられました。。(笑)

















<この子は名前があったけど、「レオン」の衝撃で忘れました。。>









<リアドの前で扉が開くのを待つ猫達>













後半2泊はRiad Arganリアド・アルガン。年末年始はこちらで。

モロッコ的クラシックは、たまらなくエキゾチック。メディナの中心にありながら静かな、フレンドリーで
アットホームなリアド。 

Riad Signatureで3泊した後、Essaouiraへ1泊旅行へ。マラケシュに戻って2泊はArganへ。
この2件は徒歩5分以内で、荷物の移動もばっちり。






<Riad Arganの扉>

リアドは路地奥にある事が多く、
扉はこんな感じで、わかり難いです。
(これは名前表記もはっきりしていて、まだ分かり易い。)